遊戯王のマイナーなデッキレシピの掲載・新規カードの考察・まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【遊戯王】クリフォート・ツールについて◆おまいらなんてサイドラで吸い取ってやるよ!・・・あっ(察し)

 
クリフォート・ツールx召喚師こんばんは

久しぶりの更新です

クリ・・・フォートなんて・・・///

いやお前は中学生か


 
今月発売される新弾『NEXT CHALLENGERS』には新カテゴリの「クリフォート」が登場する

地属性・機械族で統一されたモンスターたちで、何と言ってもペンデュラムカテゴリであるという点が注目されている

そして、ガチテーマには無くてはならない専用サーチ役を担う鬼畜カードが与えられているのである

それが次のモンスターだ

クリフォート・ツールクリフォート・ツール

レベルの星(縮小)完成レベルの星(縮小)完成レベルの星(縮小)完成レベルの星(縮小)完成レベルの星(縮小)完成 地属性オリカ素材(縮小)
【機械族 / ペンデュラム】 ATK / 1000 DEF / 2800

(1)自分は「クリフォート」モンスターしか特殊召喚できない
   この効果は無効化されない。
(2):1ターンに1度、800LPを払って発動できる。
   デッキから「クリフォート・ツール」以外の「クリフォート」カード1枚を手札に加える

▲P効果▲    スケール青  スケール赤    ▼M情報▼

システムをレプリカモードで起動する準備をしています...
C:\sophia\sefiroth.exe 実行中にエラーが発生しました。
次の不明な発行元からのプログラムを実行しようとしています。
C:\tierra\qliphoth.exe の実行を許可しますか? ...[Y]
システムを自律モードで起動します。


まず驚くのは、「ペンデュラムゾーンにあれば毎ターン使える」ということだ

ライフコストが必要ではあるが、ここまでに強力なサーチカードが今までにあっただろうか(いや普通に神判があったわ)

このカードは、ペンデュラム召喚をするデッキで毎度挙がる手札消費問題を簡単に解決してしまったのである


まだまだこのカードの強さはある

こんな最強サーチ効果を持っているくせに、「レベル5通常モンスター」でもあることだ

すでに相場は荒れてしまっているが、《召喚師のスキル》という便利カードがあるのだ

《召喚師のスキル》  通常魔法

(1)デッキからレベル5以上の通常モンスター1体を手札に加える

このカードをデッキにフル投入することで初手《クリフォート・ツール》率をかなり上げることができる

さらに、《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》までも投入すれば驚愕の9枚体制ということも可能なのである


そしてもう一つ地味に強力な長所がこのカードにはある

「同名カードの1ターンに1度縛りが無い」ということである

つまり他の手段を使って手札に戻して再び発動すれば、加えてもう1枚の「クリフォート」カードをサーチできるのである

そこで、いいところに同パックにはこの役割を難なくこなすペンデュラムカードが"偶然"収録されている

EMトランポリンクス
レベルの星(縮小)完成レベルの星(縮小)完成 地属性オリカ素材(縮小) 【獣族 / ペンデュラム / 効果】 ATK / 300 DEF / 300

「EMトランポリンクス」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1)自分がP召喚に成功した時、自分または相手のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
   そのカードを持ち主の手札に戻す
▲P効果▲    スケール青  スケール赤    ▼M効果▼

(1):このカードが召喚に成功した時、自分または相手のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
   そのカードを持ち主の手札に戻す。


【セルフバウンス】でよく使われる《霞の谷のファルコン》等をわざわざ採用するまでもなく、

ペンデュラムデッキらしくペンデュラムカードで《クリフォート・ツール》をバウンスすることができるのである

そしてサーチ効果を連発して手札を着々と増やし、1キルの駒を揃えるのだ

ちなみに《EMトランポリンクス》も《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》の恩恵を受けられる


ところで、忘れてはならない「クリフォート」モンスター共通のP効果のデメリットは

「Pゾーンにある限りクリフォート以外の特殊召喚が不可能」というものである

お気づきの方も多いと思うが、当然バウンスしてしまえばこの条件も一時的に消失する

そうすれば柔軟にエクシーズやシンクロも取り入れて戦うことができるのである


そしてこのカードのサーチ先として指定されているのは「クリフォート」カードであり、勿論「クリフォート」魔法罠もサーチが可能である

ただでさえ《クリフォート・ツール》が強すぎて困っているところに、さらに優良サポートまで来てしまうとなると恐ろしい


【クリフォート】では《クリフォート・ツール》をいかに素早く持ってきて維持できるかという事が鍵になる

それに対し環境の方では、このカードの登場でようやくペンデュラムカードをメタる時代が来たのだろうか



トーナメントパック再録くらいではダメですね(笑)

召喚師価格2

次回は【クリフォート】に相性が良さげなカードでもまとめようかと思います

ではでは ノシ


 
[ 2014/07/03 23:36 ] 遊戯王 | TB(-) | CM(0)
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新記事
逆アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。