遊戯王のマイナーなデッキレシピの掲載・新規カードの考察・まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SHVI新規【ブルーアイズ】カードについて③


最後に③です

この記事では《光の霊堂》《光の導き》《青眼の精霊龍》について書いてます
 


reidou.png
《光の霊堂》

フィールド魔法

(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに光属性・レベル1チューナー1体を召喚できる。

(2):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。手札・デッキから通常モンスター1体を墓地へ送る。対象のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのレベル×100アップする。

(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「滅びの爆裂疾風弾」1枚を手札に加える。


光属性レベル1チューナーつまり青き眼シリーズのモンスターの召喚権を増やす効果、パンプアップ効果、滅びのバァーストストリィィィィィム!!をサーチする効果を持つ


一つ目の効果は青き眼モンスターの召喚時に発動する効果を使うのに便利な効果であり、賢士からの乙女、祭司からの賢士乙女でデッキの回転率を上げることに貢献できる


さらに二つ目の効果で乙女巫女ヌートの被対象時に展開効果を使えるモンスターの起爆剤になることができる
デッキ内の通常モンスターを使うため、何度も発動するには一工夫必要ではあるが、毎ターン実質ノーコストで使える点は非常に優れている


三つ目の効果はデッキから滅びの爆裂疾風弾をサーチするものであり飾りではあるが、ファンデッカーの心をくすぐるグッジョブな追加効果だと考える


このカードは直接アドバンテージにつながる効果を持つものでは無いが、今回もブルーアイズデッキの中心となる乙女の誘発を行ったり、召喚権を増やしたりとかなり重要な立場を担うと考える
しかし逆に考えるとこの補助的な効果ゆえに、無くてもデッキは回るということで、採用枚数は抑えてもいいかもしれないという考えも浮かんでくる


このカードの扱いについては今後よく考えて行きたい


mitibiki.png
《光の導き》

装備魔法

(1):自分フィールドに他の「光の導き」が存在せず、自分の墓地に「ブルーアイズ」モンスターが3体以上存在する場合、その内の1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターの効果を無効にして特殊召喚し、このカードを装備する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターを除外する。

(2):装備モンスター以外の自分のモンスターは攻撃できず、自分の墓地に「ブルーアイズ」モンスターが存在する場合、装備モンスターはその数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。


墓地に三体以上のブルーアイズが存在する時に発動できる蘇生装備カードである


三体以上という条件は、霊堂等を用いれば意外と簡単に調うだろう
装備魔法なのでアームズホールでサーチサルベージもきくのでこのカードを中心とした構築も多少無理があるかもしれないが面白い


二つ目の効果は、蘇生対象以外の攻撃以外を封じる代わりに、墓地のブルーアイズの数だけ攻撃ができるというものである
攻撃力3000ものモンスターが複数回攻撃してくるというのは相当なものである
デメリットが他が攻撃できない程度なので、簡単にトライデントドラギオンできるのは魅力的だ


精霊龍
《青眼の精霊龍》
レベルの星(縮小)完成オリカ素材(光属性)
【ドラゴン族/シンクロ/効果】ATK/2500 DEF/3000

チューナー+チューナー以外の「ブルーアイズ」モンスター1体以上

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いに2体以上のモンスターを同時に特殊召喚できない。

(2):1ターンに1度、墓地のカードの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にする。

(3):S召喚したこのカードをリリースして発動できる。エクストラデッキから「青眼の精霊龍」以外のドラゴン族・光属性のSモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。そのモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。この効果は相手ターンでも発動できる。


同時特殊召喚を封じる効果、墓地効果を無効にする効果、エクストラデッキのドラゴン族光属性シンクロモンスターと入れ替わる効果を持つ


一つ目の効果は強力なペンデュラムメタであり、ペンデュラムを用いるデッキ全般にブルーアイズというファンデッキが対抗できるのである
このカード自体のシンクロ召喚は容易であり、相手はこのカードを二体以上のペンデュラム召喚無しに戦闘破壊または効果による除去を行なわなければいけないわけである


しかしこのカードの強さは三つ目の効果にミソがあり、除去されそうになったらスターダストや蒼眼の銀龍とチェンジしてしまえば良いのである
このカードの真価は相手に除去させようとすることにあり、それに対して自分はかわす手段を持っているという優位性にあると考える
ただ、ペンデュラム召喚を行わないデッキに対しては墓地効果やソウルチャージ対策にしかならないのが残念である




以上でブルーアイズ関連の新規カードの記事を終えます

また他のカードについても書きますね
 
[ 2016/01/08 19:14 ] 遊戯王 | TB(-) | CM(0)
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新記事
逆アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。