遊戯王のマイナーなデッキレシピの掲載・新規カードの考察・まとめ

【遊戯王】これでもかと続々と強化されていくSinカードたち・・・◆テリトリー・パラドクスギアについて


悪夢再びこんばんは

テリトリーにパラドクスギアと

かゆいところに手が届きすぎるカードたちの

情報が出てきましたね・・・!!

 
Sinテリトリー《Sin Territory》

永続魔法

①:このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「Sin World」1枚を発動できる。
この効果で発動したカードがフィールドゾーンに存在する限り、
お互いにフィールドゾーンのカードを効果の対象にできない。
②:「Sin」モンスターの持つ、
「「Sin」モンスターはフィールドに1体しか表側表示で存在できない」効果は、
「「Sin」モンスターは1種類につきフィールドに1体しか表側表示で存在できない」として適用される。
③バトルフェイズの間だけフィールドの「Sin」モンスターの効果は無効化される。


◆【Sin】デッキの中核になる永続魔法!

発動時に《Sin World》を発動し、

「Sin」モンスターの存在・攻撃の2つのデメリットを

無効化してしまうという恐ろしいサポート力を持った新規カードである

「Sin」モンスターは本家モンスターをデッキから除外するだけという

めちゃくちゃ簡単な手順で破壊力満点のモンスターを出せるというのが強みであるが、

1体しか出せないという歯がゆい思いをしていた

しかしこの永続魔法を張る事でポンポンと「Sin」モンスターを並べる事ができるようになった

つまり脳みそが猿のごとく4000・3000打点を並べて攻撃できるのである。


◆引けなくても豊富なサーチ手段!!

上記の通り【Sin】デッキでは《Sin Territory》に恐ろしく依存していくのであるが、

気になるのが、このカードを引けないと戦えないのでは・・・という疑問

だけど大丈夫、《Sin World》で3枚選択して確定サーチをしたり、

普通に《Sin Selector》でサーチが可能である

前回の記事でも紹介したこのカードの弱点の墓地リソース不足は

次の新規カードで見事に解決された

Sin パラドクスギア《Sin パラドクスギア》 レベルの星(縮小)完成 オリカ素材(闇属性)

【機械族/効果】 ATK/0 DEF/0

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①フィールド魔法カードが表側表示で存在する場合、
このカードをリリースして発動できる。
デッキから「Sin パラレルギア」1体を特殊召喚する。
その後、デッキから「Sin パラドクスギア」以外の「Sin」モンスター1体を手札に加える

②自分の手札の「Sin」モンスターを、
自身の方法で特殊召喚するためにモンスターを除外する場合、
そのモンスターの代わりにフィールド・墓地のこのカードを除外できる。

◆そのまま手札とシンクロ!同時に墓地肥やし!

フィールド魔法が張ってあればデッキから《Sin パラレルギア》を特殊召喚した上に

デッキから好きな「Sin」モンスターをサーチすることができる

自然と《神樹の守護獣-牙王》等を1枚からシンクロ召喚することができるのである

そして注目したいのが、墓地に「Sin」モンスターが2枚たまるという事

《Sin Selector》もそのまま発動することで

簡単に戦力を増強することができるのである

これまでに新規カードたちがシナジーをしていると逆に恐ろしい

◆お蔵入りしていたSinモンスターを思う存分採用できる!!

ぶっちゃけ2つ目がメインの効果と言っても過言ではない

デッキから本家を除外する代わりに「墓地から除外できる」という効果

サイバーエンドと並ぶ4000打点である《Sin レインボー・ドラゴン》も

このカードのお陰で心置きなく採用することができる

これで手札に《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》という最強のお荷物モンスターを

腐らせるという事も無くなるのである

《闇の誘惑》と併用することで、「Sin」モンスターを全く腐らせることなく

戦うことができるようになったのではないだろうか



とりあえず適当にデッキを組んでみました
適当Sinデッキ

以前より圧倒的に事故率が軽減され、

かつパワーが増したように感じられます

やはりデッキに本家モンスターを採用せずとも

「Sin」モンスターを出せるというのは便利ですね・・・!

ではノシ
 
[ 2019/01/24 00:26 ] 遊戯王 | TB(-) | CM(0)
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新記事
逆アクセスランキング